初級システムアドミニストレータ試験情報初級シスアド試験の既出問題 > 平成19年度秋期試験メニュー
 
 

既出問題と解説(平成19年度秋期試験問題)


 
以下の条件をご承諾下さる方に,正解例と解説を公開します。下のリンクをクリックしたことで,承諾したものとします。
(1)  無償で公開します。自己採点や復習にお役立て下さい。ただし,内容の保証や個別のサポートは致しません。
(2)  営利目的の転載や引用を禁じます。掲載している解説は,試験日の夜から順次公開しているもので,解説の公開はおそらく本サイトが最初です。なお正解として,情報処理技術者試験センターで発表された解答例を掲載しています。
 

午前問題

全問とも必須問題です。
正解(試験センター発表の解答例)と,簡易版ですがオリジナルの解説も掲載しています。
詳細な解説は,私が出版する問題集と,eラーニング「初級シスアド ネット講座」に収録しています。
 
平成19年(2007年)度秋期午前 問題(問01〜問20)
 
平成19年(2007年)度秋期午前 問題(問21〜問40)
 
平成19年(2007年)度秋期午前 問題(問41〜問60)
 
平成19年(2007年)度秋期午前 問題(問61〜問80)
 


午後問題

全問とも必須問題です。
試験センター発表の解答例を,正解として掲載します。
詳細な解説は,私が出版する問題集と,eラーニング「初級シスアド ネット講座」に収録しています。
 
なぜ午後の解説を公開しないのですか?
理由は2つあります。
(1)  学校での授業や市販の書籍など,教育は学費(担当者の生活費など)を払って受けるサービスです。それで生活している方々(私もそうですが)への配慮として,無償公開と有償公開とを分けているからです。
(2)  過去にこのサイトで公開している解説と,酷似した内容の解説を収録した問題集が複数出回ったことがあったからです。生々しい話ですが,転載防止のためなのです。ただし,問題を解説した書籍が出回り,十分な期間を経過したものは,解説を掲載しています。
 
 
平成19年(2007年)度秋期午後 問題文中で共通に使用される表記ルール(P2)
 
平成19年(2007年)度秋期午後 問題(問1)
 
平成19年(2007年)度秋期午後 問題(問2)
 
平成19年(2007年)度秋期午後 問題(問3)
 
平成19年(2007年)度秋期午後 問題(問4)
 
平成19年(2007年)度秋期午後 問題(問5)
 
平成19年(2007年)度秋期午後 問題(問6)
 
平成19年(2007年)度秋期午後 問題(問7)
 

 
メニューに戻る
 
メインメニューに戻る
 

19年度秋期試験の講評

午前の試験

■「情報化と経営」で新傾向問題や高度な問題
初級シスアド試験は,一般にはパソコンの利用に関する試験でパソコンの知識が出題される,的なイメージがあります。たしかにパソコンやインターネットに関する出題はありますが,出題範囲で規定されている重点分野は「情報化と経営」とされています。その「情報化と経営」で,高度な問題がいくつか出題されました。たとえば問70は,平成12年度春期試験で出題されていますが,私の経験では正解率が低い問題です。問65は損益分岐点の計算問題ですが,損益分岐点の公式そのものが選択肢で出ている問題も過去にはありましたが,公式を暗記していないと解けない問題です。問67は売上原価(在庫の評価額)に関する計算問題ですが,従来は先入先出法や後入先出法による計算でしたが,今回は総平均法と新傾向問題でした。
 
■上位の試験区分から下りてきた問題も多い
上位の試験区分から下りてくる問題は,これまでにもありました。問57ではCMMIが出題されました。これは,組織の成熟度をレベル別に分類したものですが,これまで上位の試験区分で出題されていた内容です。それが初級シスアド試験に下りてきました。問50のペネトレーションテストもそうで,過去に情報セキュアド試験で出題されていた問題です。これまでも解説の作成では,上位の試験区分の問題向けに作成した解説を,初級シスアド試験向けにわかりやすく平易に書き直す作業がありましたが,今回はそれが多かったです。
 

午後の試験

■業務改善重視とセキュリティ重視
午後の試験は,現状の業務の問題点を出して,それの改善をはかっていく展開の問題が目立ちました。この形式は毎回出題されてはいますが,今回は比率として多かったです。また問4では,ファイアウォールの設定に関する設問がありました。過去にソフトウェア開発技術者試験で同様の問題がありましたが,それよりは多少易しくなっています。従来,LAN関係の問題というと,サブネットマスク関係の問題が中心でしたが,今後はセキュリティ関連の出題が増えるかもしれません。
 
■手間取る設問が多くボリュームアップ
午後の試験問題の配点は,秋期試験の案内書では記載が見あたりませんが,これまで通りであれば,問1〜問4が10%,問5〜問7が20%です。問題ごとの設問数も配点に比例して,問5〜問7は設問数も空欄数も多いです。それとは別に,計算や集計が手間取る問題が多いのが,今回の特徴でした。たとえば問2の設問2では,表で網掛けの部分を埋める作業を行っていかないと,答えが求まりません。問7の設問3も同様で,時間内に全部解けなかったという感想が多いことが頷けるボリュームでした。
 

次回に向けての受験対策

■午前は「情報化と経営」もしっかりと
今回は「情報化と経営」での新傾向問題や高度な問題が目立ちましたが,システムアドミニストレータに求められるスキルを考えた場合,この傾向は今後も続くでしょう。知識問題が中心で,覚えたら解けるので,苦手意識を持たずに学習しましょう。また今回の試験では,BluetoothやIEEE1394などのインタフェースについて,突っ込んだ出題がありました。それらの仕様についても,理解しておきましょう。
 
■午後はデータベースもしっかりと
以前,午後の問題でSQL文などデータべースが全く出題されないことが何回か続きました。その後出題されるようになりましたが,1つの表に2つのテーブル修飾子を使う,比較的高度な問題が続いています。今回も問3の設問2で出題されており,それを含めたデータベースの学習は必須です。表計算ソフトの学習も同様ですが,仕事でワークシートを作成していると有利なところです。無料の表計算ソフトもあるので,理解しにくい表計算ソフトの問題だけ,ワークシートを実際に作成して理解するのも効果的な方法です。
 
私としても,これらの傾向を踏まえて,初級シスアド試験により有利に合格できるよう,教材の作成に取り組んでいきます。
 
Copyright (C) 2007 kimura-kouichi