初級システムアドミニストレータ試験情報初級シスアド試験の既出問題 > 平成18年度秋期試験メニュー
 
 

既出問題と解説(平成18年度秋期試験問題)


 
以下の条件をご承諾下さる方に,解答例と解説を公開します。下のリンクをクリックしたことで,承諾したものとします。
(1)  無償で公開します。自己採点や復習にお役立て下さい。ただし,内容の保証や個別のサポートは致しません。
(2)  営利目的の転載や引用を禁じます。掲載している解説は,試験日の夜から順次公開しているもので,解説の公開はおそらく本サイトが最初です。なお正解は,情報処理技術者試験センターで発表されたものを掲載しています。
 

午前問題

全問とも必須問題です。
情報処理技術者試験センター公開の解答例と,オリジナルの解説(簡易版)を掲載します。
詳細な解説は,私が刊行する問題集と,eラーニング初級シスアド ネット講座に収録しています。
 
平成18年(2006年)度秋期午前 問題(問01〜問20)
 
平成18年(2006年)度秋期午前 問題(問21〜問40)
 
平成18年(2006年)度秋期午前 問題(問41〜問60)
 
平成18年(2006年)度秋期午前 問題(問61〜問80)
 


午後問題

全問とも必須問題です。
情報処理技術者試験センター公開の解答例を掲載します。解説は非公開で,市販の書籍などをご活用下さい。
詳細な解説を,私が刊行する問題集と,eラーニング初級シスアド ネット講座に収録しています。
 
なぜ午後の解説を公開しないのですか?
理由は2つあります。
(1)  学校での授業や市販の書籍など,教育は学費(担当者の生活費など)を払って受けるサービスです。それで生活している方々(私もそうですが)への配慮として,無償公開と有償公開とを分けているからです。
(2)  過去にこのサイトで公開している解説と,酷似した内容の解説を収録した問題集が複数出回ったことがあったからです。生々しい話ですが,転載防止のためなのです。ただし,問題を解説した書籍が出回り,十分な期間を経過したものは,解説を掲載しています。
 
 
平成18年(2006年)度秋期 問題文中で共通に使用される表記ルール(P2)
 
平成18年(2006年)度秋期午後 問題(問1)
 
平成18年(2006年)度秋期午後 問題(問2)
 
平成18年(2006年)度秋期午後 問題(問3)
 
平成18年(2006年)度秋期午後 問題(問4)
 
平成18年(2006年)度秋期午後 問題(問5)
 
平成18年(2006年)度秋期午後 問題(問6)
 
平成18年(2006年)度秋期午後 問題(問7)
 

 
メニューに戻る
 
メインメニューに戻る
 

平成18年度秋期試験の講評

よくある質問と回答

講評の前に,よくある質問とその回答を掲載します。
  1. 配点予想は公開していますか
    このサイトではしていません。ただし,解答速報をしている業者では,独自のデータにより公開しているところもあります。そちらを参照すればよいでしょう。
     
  2. 得点分布は公開していますか
    過去の統計ですが,情報処理技術者試験センターサイトで公開しています。『学校等における教育担当者向けセミナー』のページにある(2) 初級システムアドミニストレータ試験 午後試験 出題のねらいと試験結果の講評(PDFファイル)のP12(午前試験)とP16(午後試験)をご覧下さい。
     

午前の講評

セキュリティ問題は幅広く
セキュリティ関連の問題は,前回の春期試験から情報セキュリティアドミニストレータ試験(情報セキュアド試験)並のレベルの問題が出題されるようになりました。今回は基礎的な内容の問題もありますが,問52のフィッシングや問53のコンテンツフィルタリングなど,最近の話題となる問題も出題されました。難易度は変わりませんが,出題範囲の幅が広くなったようです。
 
今回の出題者は業務改善に詳しい人?
問37でMSPが,問48で出張先からのアクセスでの認証の強化方法が出題されました。また問63はSFAが出題されましたが,正解以外の選択肢でビジネスにITを活用する各種の手法が出ており,これらは業務改善の各種の手法に詳しい人が手がけた,と思わせる内容が出題されています。
 

午後の講評

良問&やや難問のオンパレード
問3は,増分キャッシュフローをワークシートで求める問題です。増分キャッシュフローを求める問題は,過去に平成14年度春期午後問2で出題されています。それは理解に手間取る問題であったため,eラーニングサービスで質問が多く寄せられ,解説を追加したり問題のワークシートを実際に作成したりして説明しました。しかし,問われている内容は実務に役立つもので,難易度は高いが良問の部類に入ります。
 
問4は,データベースのSQL文に関する問題です。SQL文は,ここ数回は出題されていなかったため,もう出題されないのではないかという噂もありました。それを打ち消すため,今回は出題されると私は予想していましたが,難易度は予想以上でした。1つの表に2つのテーブル修飾子を付けて,2つの表があるかのように取り扱う問題は,他の試験区分やJ検で出題されたことがありますが,初級シスアド試験では初めてです。
 
問5は,クロス集計表(Microsoft EXCELではピボットテーブルと表記)を使う問題で,これも難易度は高めですが,過去に2回出題されており,統計解析の勉強になる良質な問題です。
 

次回に向けての受験対策

ネットワークとセキュリティを深く学習
午後問2はネットワークの問題ですが,設問2で経路制御が出題されました。サブネットやサブネットマスクに関する出題の設問1と合わせて,TCP/IPネットワークの全般にわたる理解が求められています。ここまでの理解がいずれ求められると予想して,私の著書の「1週間で分かる 初級シスアド集中ゼミ【午前編】2007春秋版」ではTCP/IPの全般的な解説を,デフォルトゲートウェイアドレスの説明まで収録しています。
 
それはともかく,今後もTCP/IPネットワークの全般的な理解が必要になります。またセキュリティも,より深く学習する必要があります。ただしそれは,情報セキュアド試験問題で初級シスアド向きでもあるものを,解いて学習すればよいでしょう。
 
今度の問題集は良否が分かれる?
平成18年末に,18年度秋期試験問題と解説を収録した,19年度春期試験向け問題集が出揃うでしょう。それらの解説ですが,比較的易しい問題や過去問題の焼き直しのような出題が多いと,一般に差はあまり出ません。しかし,今回の午後問題の場合は,解説の良否が分かれると予想しています。では問題集選びのポイントですが,まず18年度秋期試験問題で,自分が解けなかった問題を覚えておきます。そして書店で,各問題集でその問題の解説を読み比べて,自分にとって最も理解しやすいと感じるものを選ぶとよいでしょう。
 
私としても受験される方の役に立つよう,私が刊行する過去問題集「過去問CD付 初級シスアドスーパー合格本 過去問題集 2007春」と,私が運営するeラーニング「初級シスアド ネット講座」で詳しい解説を収録し,特に午後問2と午後問4がよく分かるように工夫しています。
 
Copyright (C) 2006 kimura-kouichi