初級システムアドミニストレータ試験情報初級シスアド試験の既出問題 > 平成18年度春期試験メニュー
 

既出問題と解説(平成18年度春期試験問題)


 
以下の条件をご承諾下さる方に,正解例と解説を公開します。下のリンクをクリックしたことで,承諾したものとします。
(1)  無償で公開します。自己採点や復習にお役立て下さい。ただし,内容の保証や個別のサポートは致しません。
(2)  営利目的の転載や引用を禁じます。掲載している解説は,試験日の夜から順次公開しているもので,解説の公開はおそらく本サイトが最初です。なお正解は,情報処理技術者試験センターで発表されたものを掲載しています。
 

午前問題

全問とも必須問題です。
独自にHTML化した問題と,簡易版ですが解説も掲載しています。
試験センターで公開された,正解(試験センターの表記では解答例)を収録しています。
詳細な解説は,私が刊行する問題集と,eラーニング初級シスアド ネット講座に収録しています。
 
2006年(平成18年)度春期午前 問題(問01〜問20)
 
2006年(平成18年)度春期午前 問題(問21〜問40)
 
2006年(平成18年)度春期午前 問題(問41〜問60)
 
2006年(平成18年)度春期午前 問題(問61〜問80)
 
情報処理技術者試験センターで公開された問題と解答例です。著作権の関係で,試験センターで公開されているPDFファイルへの直リンクとしています。
 
午前問題(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
午前解答例(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
配点割合(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
PDFファイルを読むには,Adobe社のAdobe Reader(無償配布) が必要です。バージョン5以上が利用対象となっています。
Adobe Reader(無償配布)
 


午後問題

全問とも必須問題です。
独自にHTML化した問題と,情報処理技術者試験センター発表の解答例を掲載します。解説は非公開で,詳細な解説を私が執筆した受験対策書籍と,私が実施しているeラーニングサービス「初級シスアド ネット講座」に収録しています。
 
なぜ午後の解説を公開しないのですか?
理由は2つあります。
(1)  学校での授業や市販の書籍など,教育は学費(担当者の生活費など)を払って受けるサービスです。それで生活している方々(私もそうですが)への配慮として,無償公開と有償公開とを分けているからです。
(2)  過去にこのサイトで公開している解説と,酷似した内容の解説を収録した問題集が複数出回ったことがあったからです。生々しい話ですが,転載防止のためです。
 
2006年(平成18年)度春期午後 問題(問1)
 
2006年(平成18年)度春期午後 問題(問2)
 
2006年(平成18年)度春期午後 問題(問3)
 
2006年(平成18年)度春期午後 問題(問4)
 
2006年(平成18年)度春期午後 問題(問5)
 
2006年(平成18年)度春期午後 問題(問6)
 
2006年(平成18年)度春期午後 問題(問7)
 
情報処理技術者試験センターで公開された問題と解答例です。著作権の関係で,試験センターで公開されているPDFファイルへの直リンクとしています。
 
午後問題(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
午後解答例(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
配点割合(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
PDFファイルを読むには,Adobe社のAdobe Reader(無償配布) が必要です。バージョン5以上が利用対象となっています。
Adobe Reader(無償配布)
 

 
メニューに戻る
 
メインメニューに戻る
 

平成18年度春期試験の講評

よくある質問と回答

講評の前に,よくある質問とその回答を掲載します。

  1. 配点予想は公開していますか
    このサイトではしていません。ただし,解答速報をしている業者では,独自のデータにより公開しているところもあります。そちらを参照すればよいでしょう。
     
  2. 得点分布は公開していますか
    情報処理技術者試験センターサイトで公開しています。『学校等における教育担当者向けセミナー』のページにある(2) 初級システムアドミニストレータ試験 午後試験 出題のねらいと試験結果の講評(PDFファイル)のP12(午前試験)とP16(午後試験)をご覧下さい。
     

午前では新作問題が多数出題

今回は,従来出題されなかった範囲からの出題が目立ちました。問2のシリアルATA,問6のUNIXのファイル管理,問10のシソーラス,問28のオープンソース,問31のユースケース,問52のJIS X5080,問53のリスク軽減,問56のJIS9001での内部監査,問57のISMS,問67のROE,問77の情報バリアフリー,といったところです。いずれも凝った作りの問題で,既出問題の再出題が多いという午前の試験のイメージを覆すような内容です。
 
しかし,分からない問題がいろいろとあったので落ちたかもしれない,とまで思う必要はありません。そういう問題は他の受験生も解けないからです。結局,従来から出題されてきた範囲をいかに深く学習して手堅く点をとるか,で午前の合否が分かれるでしょう。ちなみに今回の合格率は29.3%と,従来より少し高めでした。
 

セキュリティ問題はセキュアド試験並に

問52のJIS X5080,問53のリスク軽減,問57のISMSは,いずれも情報セキュリティアドミニストレータ試験(情報セキュアド試験)で出題されるレベルの問題です。このサイトでは,情報セキュリティアドミニストレータ試験情報も運営しており,以前から情報セキュアド試験の出題範囲を初級シスアド試験の受験者向けにかみ砕いて解説することにも取り組んでいますが,情報セキュアド試験との範囲がかなり重なってきたな,ということを感じます。
 

再び「新しくて懐かしい問題」

問32でコード設計,問39でもコード設計(検査文字),問60でQRコード,問61でJANコード,と今回はコードに関する問題が4問も出題されました。また問46と問71でデシジョンツリーが出てきたり,問69のABC分析と問74のパレート図も出題範囲が重なっています。しかし,いずれも良問といえます。また昔からの出題範囲で,これまで出題されなかった部分を突く問題がありました。例えば問10のシソーラスは,最近は商用データベースの問題が絶えて久しいですが,商用データベースの出題が続いたころに出してほしかった問題です。今回のように新しくて懐かしい問題がいくつかあり,出題範囲の重複に鷹揚であるという傾向は,過去に一回ありました。平成16年度春期試験です。もしかしたら午前問題のプロデューサが,同じ人なのかもしれません。
 

「かぎ」から「鍵」へ

暗号化通信やディジタル署名で出てくる公開かぎは,これまで「公開かぎ」と表記されていました。しかし今回は,「公開鍵」と表記されています。これは他の試験区分の問題もそうで,出題側の方針変更があったのでしょう。また明確な変更ではありませんが,CF(コンパクトフラッシュ),PC(パーソナルコンピュータ)といった略語が注釈なしででています。PCはともかく,CFカードといったらコンパクトフラッシュカードという理解が前提となっていますので,試験対策学習の前にそういう理解が必要です。
 

午後もややセキュリティ重視

午後の試験の配点割合は,問5〜7が各20%,問1〜問4が各10%となっています。空欄の数で見ると,問1は8,問2は10,問3は8,問4は8,問5は15,問6は16,問7は12と,配点割合ほどではないですが空欄数に開きがあります。問3はディジタル署名に関する問題で,認証システムと合わせたより高度な内容になっています。そして問1でも設問3で,セキュリティの強化策について出題されました。セキュリティの出題が1問を超えて出題されるようになり,今後もこの傾向は続くと思われます。
 

次回に向けての受験対策

「従来からの範囲+新しい範囲の一部」を学習

次回も,過去問題からの再出題(一部改変したものを含む)は多いでしょう。従来からの出題範囲を押さえ,繰り返し出題されている問題や良問を解く必要があります。しかし,技術革新やビジネススタイルの推移に伴い,出題範囲の入れ替わりもあります。ではこれからはどこを学習すべきかということですが,午前問題では,問10のシソーラス,問28のオープンソース,問52のJIS X5080,問53のリスク軽減,問57のISMS,問67のROE,問77の情報バリアフリー,だと思います。これらはよく理解しておくべきでしょう。また問67のROEでは他の経営状況の指標を,問77ではWebアクセシビリティも学んでおくべきと思います。
 
 
Copyright (C) 2006 kimura-kouichi