初級システムアドミニストレータ試験情報初級シスアド試験の既出問題 > 平成17年度秋期試験メニュー

既出問題と解説(平成17年度秋期試験問題)


午前問題

以下の条件をご承諾下さる方に,正解例と解説を公開します。下のリンクをクリックしたことで,承諾したものとします。
(1)  無償で公開します。自己採点や復習にお役立て下さい。ただし,内容の保証や個別のサポートは致しません。
(2)  営利目的の転載や引用を禁じます。掲載している解説は,試験日の夜から順次公開しているもので,解説の公開はおそらく本サイトが最初です。なお正解は,情報処理技術者試験センターで発表されたものを掲載しています。
 
全問とも必須問題です。
独自にHTML化した問題と,情報処理技術者試験センター発表の解答例と,簡易版ですがオリジナルの解説を掲載しています。
詳細な解説は,私が執筆した受験対策書籍と,私が実施しているeラーニングサービス「初級シスアド ネット講座」に収録しています。
 
平成17年(2005年)度秋期午前 問題(問01〜問20)
 
平成17年(2005年)度秋期午前 問題(問21〜問40)
 
平成17年(2005年)度秋期午前 問題(問41〜問60)
 
平成17年(2005年)度秋期午前 問題(問61〜問80)
 
情報処理技術者試験センターで公開された問題と解答例です。著作権の関係で,試験センターで公開されているPDFファイルへの直リンクとしています。
 
午前問題(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
午前解答例(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
配点割合(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
PDFファイルを読むには,Adobe社のAdobe Reader(無償配布) が必要です。バージョン5以上が利用対象となっています。
Adobe Reader(無償配布)
 

午後問題

全問とも必須問題です。
独自にHTML化した問題と,情報処理技術者試験センター発表の解答例を掲載します。解説は非公開で,詳細な解説を私が執筆した受験対策書籍と,私が実施しているeラーニングサービス「初級シスアド ネット講座」に収録しています。
 
なぜ午後の解説を公開しないのですか?
理由は2つあります。
(1)  学校での授業や市販の書籍など,教育は学費(担当者の生活費など)を払って受けるサービスです。それで生活している方々(私もそうですが)への配慮として,無償公開と有償公開とを分けているからです。
(2)  過去にこのサイトで公開している解説と,酷似した内容の解説を収録した問題集が複数出回ったことがあったからです。生々しい話ですが,転載防止のためです。
 
平成17年(2005年)度秋期午後 問題(問1)
 
平成17年(2005年)度秋期午後 問題(問2)
 
平成17年(2005年)度秋期午後 問題(問3)
 
平成17年(2005年)度秋期午後 問題(問4)
 
平成17年(2005年)度秋期午後 問題(問5)
 
平成17年(2005年)度秋期午後 問題(問6)
 
平成17年(2005年)度秋期午後 問題(問7)
 
情報処理技術者試験センターで公開された問題と解答例です。著作権の関係で,試験センターで公開されているPDFファイルへの直リンクとしています。
 
午後問題(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
午後解答例(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
配点割合(PDFファイル)※情報処理技術者試験センター公開
 
PDFファイルを読むには,Adobe社のAdobe Reader(無償配布) が必要です。バージョン5以上が利用対象となっています。
Adobe Reader(無償配布)
 

 
メニューに戻る
 
メインメニューに戻る
 

平成17年度秋期試験の講評

よくある質問と回答

講評の前に,この時期によくある質問とその回答を掲載します。

  1. 配点予想は公開していますか
    このサイトではしていません。ただし,解答速報をしている業者では,独自のデータにより公開しているところもあります。そちらを参照すればよいでしょう。
     
  2. 得点分布は公開していますか
    情報処理技術者試験センターサイトで公開しています。『学校等における教育担当者向けセミナー』のページにある(2) 初級システムアドミニストレータ試験 午後試験 出題のねらいと試験結果の講評(PDFファイル)のP12(午前試験)とP16(午後試験)をご覧下さい。
     

新傾向問題が多数出題(難易度は大差なし)

初級シスアド試験に限らず,情報処理技術者試験のどの試験区分でも,午前の試験では過去問題からの再出題が多いです。今回も再出題がある一方で,新傾向問題が目立ちました。
 
問60のサービスプロフィットチェーンは,別にそれを知らなくても,顧客へのサービス向上→顧客満足度が向上→顧客ロイヤルティの向上→売り上げ拡大,の連鎖関係が分かれば解ける問題です。問5のCD-Rへの書き込み法は,外部記憶装置の記憶原理を学習していたら解ける問題です。また問21も,エージェント(代理人)が依頼者の意図を反映しながら代わりに行うものであることを理解していたら,解ける問題です。このように出題範囲と出題レベルを見極めながら,思い切った新傾向問題を出しているのが,全般的な特徴といえます。
 

情報セキュアド試験の過去問題からの出題

17年度春期試験よりセキュリティの出題比率が増えましたが,秋期試験では深い内容が問われるようになりました。それは初級シスアド試験向けにオリジナル問題を出す,のではなく情報セキュリティアドミニストレータ試験(以下;情報セキュアド試験)の過去問題からの出題です。
 
午前問21,問23,問54,問55で,問56と問57も情報セキュアド試験の知識で解ける問題です。問21と問23はセキュリティ以外の分野ですが,情報セキュアド試験はキャリアパスの点で,初級シスアド試験の上位に位置する資格と位置づけられているため,今後もこの傾向は続くと思われます。
 
このサイトでは,「情報セキュリティアドミニストレータ試験情報」のページがあり,情報セキュアド試験対策の教材作成にも以前から取り組んでいます。そのためノウハウも蓄積しており,初級シスアド試験向けにもそれを織り込んでいますが,今後はより一層の連携が求められるようになると予想しています。
 

午後はオーソドックスな出題

午後問2は,個人情報保護法をベースにした出題です。4月の完全施行から半年たち,様子見ながら重要なテーマとして午後でも出題してきた,といった趣があります。空欄bで,複数の相手にメールアドレスが知られないように送信する方法が出てきます。この方法として,
(1) 通常のメーラ(メールソフト)で,BCC欄に送り先のアドレスを複数登録する。
(2) 同報送信メーラを使う。
があります。試験問題で出てきたのは前者で,アドレス帳に送り先を登録しておきBCC欄に設定しますが,操作ミスでCC欄に登録して送信する可能性があります。つまり操作ミスで,他の会員のメールアドレスが見えるようになってしまう可能性があります。
 
後者では,同報送信メーラが指定する形式でメールアドレスのリストを作成しておき,1通ずつそのリストから設定してはメールの送信を繰り返すため,操作ミスで他の会員のメールアドレスが見える可能性はありません。そのため私からの補足ですが,同報送信メーラを使うのが個人情報保護上は望ましいものになります。もっともこの空欄bではそのようなことではなく,メールに関する知識を試すのが目的なのでしょう。
 

(2/26追加)次回に向けての受験対策

2月24日に,試験の実施期間である情報処理技術者試験センターで,『学校等における教育担当者向けセミナー』のページが公開されました。その中で初級シスアド試験向けに,「午後試験 出題のねらいと試験結果の講評」(PDFファイル)が掲載されています。
これを参照しながら,お読み下さい。
 
■秋期試験より春期試験の方が午後の難易度が高い?
P20に,午後のスコアの推移がグラフで掲載されています。これを見ると,平成16年,平成17年とも,春期試験の方が平均スコアが低くなっています。この原因として考えられることは,
(1) 秋期試験問題に比べ,春期試験問題のレベルが異なる
(2) 春期試験の受験者と,秋期試験の受験者のレベルが異なる
(3) 春期と秋期で,スコアの算出方法や基準が異なる
があります。推測になりますが,(3)はまずないでしょう。(2)ですが,例年,受験者数は春期試験よりも秋期試験が少し多いです。たとえばIT企業に春入社した社員が秋に初級シスアド試験に挑戦して合格する,といった傾向があればありうることです。
 
■どんぐりの背比べで一歩抜きんでるには?
P12(午前試験)とP16(午後試験)では,得点分布が掲載されています。どちらも得点の低い側がなだらかですが,正規分布に近い山型のカーブを描いています。情報処理技術者試験に限らず,試験の得点分布としては理想に近いカーブといえます。着目してほしいのは,分布のピークから右が,合格圏であるということです。つまり合格ラインは,一部の上位の者だけが入るところではなく,最も人数の多いところにあるということです。
 
これは何を意味するのかというと,
(1) 合格はそう難しいことではない
(2) 一歩抜きんでる(分布のカーブで右側に入る)ための学習が必要
ということです。これまでの私の経験からもいえることですが,多くの人が比較的容易に合格ライン付近までは到達できます。しかし合格ラインを超えるとなると,それ相応の学習量や,合格ラインを超えられる(誰もが正解できる問題だけではなく,上位者しか正解できない問題が解ける)ところを教えている学習教材が必要です。そして私にとっても,そのためにはどこをどう解説すればよいか,が以前より追求しているところです。
 
宣伝になりますが,私が執筆している参考書/問題集やeラーニングサービスでは,いずれもこのボーダーラインを超えるために差が付く学習ポイントをとりあげ,ノウハウを織り込んでいます。
 
■どう学習すればいい?
今後も過去問題の再出題は多いでしょう。まず最近の問題を一通り解いてみて,分からなかった問題を選び出してみましょう。そこが重点的に学習するポイントであり,自分にとってそこを理解しやすく解説している教材を探して学習すると効率的です。
P26に掲載されていますが,比較的重要なのがデータベースとネットワークです。あとセキュリティも,重視されている出題分野ですので,より深い学習が必要になるでしょう。
 
Copyright (C) 2005-2006 kimura-kouichi