初級システムアドミニストレータ試験情報初級シスアド試験の既出問題 > 平成17年度春期試験メニュー
 

初級シスアド試験 既出問題と解説(平成17年度春期試験問題)


 
以下の2条件をご承諾下さる方に,問題と解説を公開します。ご承諾下さる方は,下のリンクをクリックして,各ページにお進み下さい。
(1)  無償で公開します。自己採点や復習にお役立て下さい。ただし,内容の保証や個別のサポートは致しません。
(2)  営利目的の転載や引用を禁じます。掲載している解説は,春期試験日の夜から順次公開しているもので,解説の公開はおそらく本サイトが最初です。なお正解は,情報処理技術者試験センターで公開されている解答例を収録しています。
 

午前問題

全問とも必須問題です。
簡易版ですが解説も掲載しています。
詳細な解説は,eラーニング
「初級シスアド ネット講座」と,私が今後刊行する受験対策書籍に収録しています。
 
2005年(平成17年)度春期午前 問題(問01〜問20)

2005年(平成17年)度春期午前 問題(問21〜問40)

2005年(平成17年)度春期午前 問題(問41〜問60)

2005年(平成17年)度春期午前 問題(問61〜問80)



午後問題

全問とも必須問題です。
正解を掲載します。解説は非公開で,市販の書籍などをご活用下さい。
私としては,eラーニング
「初級シスアド ネット講座」で,詳細な解説を収録しています。
 
なぜ午後の解説を公開しないのですか?
理由は2つあります。
(1)  学校での授業や市販の書籍など,教育は学費(担当者の生活費など)を払って受けるサービスです。それで生活している方々(私もそうですが)への配慮として,無償公開と有償公開とを分けているからです。
(2)  過去にこのサイトで公開している解説と,酷似した内容の解説を収録した問題集が複数出回ったことがあったからです。生々しい話ですが,転載防止のためなのです。ただし,問題を解説した書籍が出回り,十分な期間を経過したものは,解説を掲載しています。
 
2005年(平成17年)度春期 問題文中で共通に使用される表記ルール(P2)

2005年(平成17年)度春期午後 問題(問1)

2005年(平成17年)度春期午後 問題(問2)

2005年(平成17年)度春期午後 問題(問3)

2005年(平成17年)度春期午後 問題(問4)

2005年(平成17年)度春期午後 問題(問5)

2005年(平成17年)度春期午後 問題(問6)

2005年(平成17年)度春期午後 問題(問7)

 


 
メニューに戻る
 
メインメニューに戻る
 

平成17年度春期試験の講評

よくある質問と回答

講評の前に,この時期によくある質問とその回答を掲載します。

  1. 配点予想は公開していますか
    このサイトではしていません。ただし,解答速報をしている業者では,独自のデータにより公開しているところもあります。そちらを参照すればよいでしょう。
     
  2. 得点分布は公開していますか
    これも,このサイトではしていません。調査で個人情報を収集するようなことはしたくないからです。ただし,解答速報をしている業者では,サービスとして実施しているところもあります。そちらをご利用すればよいでしょう。
     

午前問題の講評

これまで出題されなかったところを出題?
 
今回の試験では,既出問題の再出題がある一方で,新傾向問題がいろいろと出題されました。例えば,問20のハイパメディア,問61のコアコンピタンス,問63のサービスレベルアグリーメント(SLA),問74のMRP,問78の著作権(同一性保持権),などです。
 
出題内容自体は難しいものではありませんが,これまで出題されなかったところを突くような感のある問題ばかりです。
 
苦手に感じるところを出題?
 
問10のディレクトリの問題は,実際にWebページを作成したり相対パスを指定したことのない人にとっては,理解に手間取る問題です。これに限らず,問14の稼働率計算や問73の人日計算など,受験者が苦手に感じるところを突くような出題も見受けられました。
 
ただしそれは意地悪ではなく,学習の必要なところであって,問題自体は良問です。問10も既出問題をベースに,「始まりが“/”のときは,左端にルートディレクトリが省略されているものとする。」などディレクトリについての定義を追加しており,問題を解くことで学習できる効果を持たせています。
 
唯一,妥協の産物のような印象があるのが問31です。想像ですがこの問題は,もともとは冴えた感じがするデータチェックの問題だったのでしょう。それを出題基準に合わせて手直ししたために,クレームが付かないものにはなったものの,問題文に答えが書かれている変な問題となったように感じられます。
 
想像ですが,今回は情報教育に造詣の深い方々が,新規問題を作成したり既出問題を選定しているように見受けられます。全般的な出題傾向に,そこはかとなく一貫した方針を感じるからです。
 
出題比率が高められた情報セキュリティは?
 
事前に発表されていたとおり,今回の試験から情報セキュリティに関する出題の比率が高められました。今回は問45〜問53の9問が情報セキュリティ関連で,ちなみに前回の16年度秋期では問51〜問56の6問でした。
 
問51はサーバの不正侵入を調べる問題で,問17のメールサーバの設定とともに,従来なら情報システム部門の管理者向きの問題です。アクセスログに関する出題は過去にありましたが,これからはサーバ周りの基礎知識も問われるようになるということでしょう。
 
またコンピュータウイルスに関する問題は,問49と問50の2問が出題されました。従来からウイルス関連の問題は,毎回コンスタントに出題されていましたが,マクロウイルスの特徴や感染時の対処が出題内容でした。今回は感染を防ぐ方法や防御策と,実務で役立つ内容になっています。
 

午後問題の講評

データベースと表計算中心の出題
 
16年度秋期では,データベース1問と表計算1問であったのが,今回はデータベース2問と表計算2問,と多かったです。平成13年度春期試験が,データベース3問と表計算1問でしたが,それに並ぶ集中ぶりです。
 
セキュリティの出題比率アップの影響は?
 
午前問題では,情報セキュリティ関連の出題が増えましたが,午後はどうでしょうか。問4がそれで,設問1がサーバ管理,設問2がサブネットマスクの計算,設問3がセキュリティ(アクセス制御),設問別に出題されています。特徴的なのは設問3で,これはソフトウェア開発技術者試験で出題されていた内容です。
 
またDMZ(非武装セグメント)という,通称として使われる用語も出たことも,着目すべき点です。これまでは,例えば情報セキュアド試験問題ではDMZという用語は使わず,バリアセグメントという用語が代わりに使われてきました。 
 
初級シスアド試験で,DMZに関する設定が出題されたことで,これからはサーバ設定の基本に関する学習も必要になります。私としても,「情報セキュアド試験情報」のサイトも運営しており,情報セキュアド試験対策で作成した教材や得られたノウハウを活かして,読者の皆さんを合格に導きます。
 

次回に向けての受験対策

まず既出問題を演習
 
今後も既出問題が,繰り返し出題されます。そのため,既出問題を解き慣れておく必要があります。ただし漫然と問題を解いていても成果はあまりでません。自分の苦手なところ,間違えたところをチェックしておき,なぜ間違えたのかを分析することで学力が向上します。
 
また,既出問題を片っ端から解く方法もありますが,限られた時間内に効率よく解くには,繰り返し出題されている問題を選んで解くのが効果的です。市販の書籍やeラーニングによる学習は,その点でも価値があります。
 
セキュリティは多少幅広く
 
情報セキュリティに関する出題では,今後も深い知識が問われるでしょう。公開かぎと秘密かぎの使い分け,ディジタル署名の特徴,は基本です。それに加えて今回出題された,サーバの設定で基本的なことや,セキュリティポリシについても学習しておく必要があります。初級シスアド向けに情報セキュリティを分かりやすく解説した教材で学習されるのが理想的ですが,情報セキュアド試験の過去問題を解いてみるのも役立ちます。
 
Copyright (C) 2005 kimura-kouichi