初級システムアドミニストレータ試験情報初級シスアド試験の既出問題 > 平成16年度秋期試験メニュー

初級シスアド試験 既出問題と解説(平成16年度秋期試験問題)


午前問題

全問とも必須問題です。
 
簡易版ですが解説も掲載しています。
詳細な解説は,私が今後刊行する書籍や,eラーニング「初級シスアド ネット講座」で公開しています。
 
2004年(平成16年)度秋期午前 問題(問01〜問20)

2004年(平成16年)度秋期午前 問題(問21〜問40)

2004年(平成16年)度秋期午前 問題(問41〜問60)

2004年(平成16年)度秋期午前 問題(問61〜問80)

 

午後問題

全問とも必須問題です。
正解を掲載します。解説は非公開で,市販の書籍などをご活用下さい。
私としては,今後刊行する書籍や,eラーニング「初級シスアド ネット講座」で公開しています。
 
なぜ午後の解説を公開しないのですか?
理由は2つあります。

(1)  学校での授業や市販の書籍など,教育は学費(担当者の生活費など)を払って受けるサービスです。それで生活している方々(私もそうですが)への配慮として,無償公開と有償公開とを分けているからです。
(2)  過去にこのサイトで公開している解説と,酷似した内容の解説を収録した問題集が複数出回ったことがあったからです。生々しい話ですが,転載防止のためなのです。ただし,問題を解説した書籍が出回り,十分な期間を経過したものは,解説を掲載しています。

 
2004年(平成16年)度秋期午後 問題(問1)

2004年(平成16年)度秋期午後 問題(問2)

2004年(平成16年)度秋期午後 問題(問3)

2004年(平成16年)度秋期午後 問題(問4)

2004年(平成16年)度秋期午後 問題(問5)

2004年(平成16年)度秋期午後 問題(問6)

2004年(平成16年)度秋期午後 問題(問7)

 


 
メニューに戻る
 
メインメニューに戻る
 

初級シスアド 平成16年度秋期試験の講評

よくある質問と回答

講評の前に,この時期によくある質問とその回答を掲載します。

  1. 配点予想は公開していますか
    このサイトではしていません。ただし,解答速報をしている業者では,独自のデータにより公開しているところもあります。そちらを参照すればよいでしょう。
     
  2. 得点分布は公開していますか
    これも,このサイトではしていません。調査で個人情報を収集するようなことはしたくないからです。ただし,解答速報をしている業者では,サービスとして実施しているところもあります。そちらをご利用すればよいでしょう。
     

今回も多い既出問題からの再出題

午前の試験では,今回も既出問題からの再出題が目立ちました。同じ問題,あるいは問題文や選択肢を一部違えただけの同じ内容の問題だけで36問です。これに類題を含めると,半分以上が再出題になります。平成6年に開始した初級シスアド試験は今年で10年目で,ネットワークなど大きく出題内容が変わった分野もありますが,変わらない分野もあり,今後も再出題は続くことでしょう。
 

プログラム関係の出題がなぜ多い?

今回の午前問題の特徴の一つに,プログラム関係の出題が多いことがあります。問22のインタプリタや,問24のマクロによる繰り返し処理は,過去に類題がありました。しかし問21のwhile-do型の繰返し構造と,問34のUMLでのクラス図は初めてです。これは初級シスアド試験向けの参考書でも載っていない内容で,解けなくても構わないでしょう。また問41で出た,流れ図の出題は平成11年度春期試験以来です(選択肢で「流れ図」という用語はその後2回登場しましたが)。
 
毎回試験問題を見ると,それをプロデュースしている人の考えが大まかに見えてきますが,今回はシステム開発の経験が豊富な人かなと想像しています。
 

解答例(正解)と配点割合の公表について

10/26(火)に情報処理技術者試験センターより,秋期試験の解答例(以下,正解と表記します)と配点割合が公表されました。このサイトで公開していた正解例と,午前・午後とも全問一致していますので変更はありませんが,このページでの「正解例」の表記を「正解」に変更しました。
 
前回に比べての今回のポイントは午後の配点で,問1〜4が各10%,問5〜7が各20%と公表されたことです。前回は10%の配点の問題が4問,20%の配点の問題が3問とだけ公表され,どの問題が10%でどの問題が20%であるかまでは公表されませんでした。
 
また前回もそうですが,今回の試験問題で正解が公表されたということは,過去に出題された同じ問題や,問題文の言い回しなどを少し違えただけの同じ内容の問題の正解も,公表されたことにつながります。そのためこのサイトで公開している,それらの問題の正解例も今のところ変更はありません。
 

次回への対策

第一に,出題範囲を効率よく学ぶことが必要です。セキュリティに特化した情報セキュアド試験などに比べ,比較的易しい内容で出題範囲が幅広いのが,初級シスアド試験の特徴です。パソコンやインターネットの利用で得た知識や,実務経験が活かせる問題もありますが,参考書などで出題範囲を一通り網羅する学習は必要です。
次に,よく出題される既出問題を繰り返し解くことが大切です。よく出題される既出問題は,出題範囲で学ぶべき内容を問う,いわゆる良問ばかりです。それで解いた問題の一部は,ほぼそのままの内容で次回の試験で出題されるでしょう。また正解率を,ざっとでいいから算出してみることも,実力把握で役立つでしょう。
最後に,余裕があればより高度な内容も学習してみましょう。今回の問題では,例えば午前問44のインベントリ収集機能などです。その学習で得た知識は,初級シスアド試験だけでなく,より高度な試験区分で受験でも役立ちます。
 


 

Copyright (C) 2004 kimura-kouichi