初級システムアドミニストレータ試験情報初級シスアド試験の既出問題 > 平成15年度春期試験
 

初級シスアド試験 既出問題と解説(平成15年度春期試験)


午前問題

全問とも必須問題です。
簡易版ですが解説も掲載しています。
 
問題文の表記について(午後も共通です)
(1)  丸付き数字は文字化けする可能性があるため,括弧で囲んだ数字に変換しています。(他の年度の問題では,丸付き数字を画像で取り込んで表示しています)
(2)  ローマ数字は文字化けする可能性があるため,英大文字のIとVと組み合わせて表記しています。たとえばローマ数字の3はIII,4はIVといった具合です。
(3)  見やすさの点から,SQL文に手を加えています。例えば単語間には,全角の空白を用いています。また=の両側には,半角の空白を入れました(他の年度の問題では,半角の空白を用いたり,=の両側に半角の空白を入れていないものもあります)。そのため,問題文のSQL文はそのままコピーしても実行できません。
 
 
2003年(平成15年)度春期午前 問題(問01〜問20)

2003年(平成15年)度春期午前 問題(問21〜問40)

2003年(平成15年)度春期午前 問題(問41〜問60)

2003年(平成15年)度春期午前 問題(問61〜問80)

 

午後問題

全問とも必須問題です。
正解例を掲載します。解説は非公開で,市販の書籍などをご活用下さい。私としての解説は,受験対策書やeラーニングサービスで提供致します。
 
なぜ午後の解説を公開しないのですか?
理由は2つあります。
(1)  教育は,授業料や書籍代などの学費を支払って受けるサービスです。学校や出版社などの教育産業で働いている方々の生活と雇用に配慮して,無償公開と有償公開とを分けているからです。午前の解説で簡略化したものを公開しているのも,同じ理由からです。
(2)  過去にこのサイトで公開している解説と,酷似した内容の解説を収録した問題集が複数出回ったことがあったからです。生々しい話ですが,転載防止のためなのです。ただし,問題を解説した書籍が出回り,十分な期間を経過した年度の問題は,解説を掲載しています。
 
2003年(平成15年)度春期午後 問題(問1)

2003年(平成15年)度春期午後 問題(問2)

2003年(平成15年)度春期午後 問題(問3)

2003年(平成15年)度春期午後 問題(問4)

2003年(平成15年)度春期午後 問題(問5)

2003年(平成15年)度春期午後 問題(問6)

2003年(平成15年)度春期午後 問題(問7)

 


 
メインメニューに戻る
 

平成15年度春期試験の講評
 
午前の問題
 
基本を押さえながらも新機軸を打ち出す
今回も過去の試験と同様に,既出問題の再出題が,少し違えた程度で多数出題されました。しかし新作問題では,新機軸を打ち出そうとした跡が窺えます。例えば表計算問題では,絶対参照と相対参照の使い分けが問われる問題が,理解力を試すのに良い問題です。ところがこれを作るとなると,ネタ集めや内容の検討で,相当な労力を要します。今回はそういった面で,午後の問題を含めて手間がかかっていると思われる問題がいくつかありました。
また,問14ではバス型LANの原理と特徴を理解してほしい,問54ではウイルス被害の現状を把握してほしい,といった問題作成者の狙いが感じられます。それ以外にも,問60のASCIIの特徴,問78の電気通信事業法,なども問題作成者が基本と見なしている事項を出題したものと思います。それは的をえたものであり,私の著書でもこれらをまず解説しています。
 
用語のアップデート
これまでの試験問題で使われてきた,「ホームページ」という表記は「Webページ」に変更されました。「ホームページ」よりも「Webページ」の方が表記上は正確なものになりますが,一般には「ホームページ」が広く使われています。慣用表記と正確な表記で,どちらを採用するかは受験者が迷う点も考慮して決定する必要がありますが,判断のバランスが変わったということでしょう。
また,問59で出てくるISO9001は2000年の改訂後に,それ以前との識別のため「ISO9001:2000」という表記が広く用いられてきました。私の本でも同様です。しかし改訂から2年以上経って,改訂後の仕様が普及したと判断したため,「:2000」を付記していないのかもしれません。
 
計算問題は手計算を配慮した数値に変更
問20と問35は,既出問題を手直しした計算問題です。今回は,数値を手計算で出せるよう配慮した跡が窺え,きりのいい数値に変更されています。電卓の使用が全面的に禁止になってから2回目の試験ですが,手計算への配慮でパターンを確立したといえるのかもしれません。
 
情報処理に環境問題?
問59では,ISO14001について出題されました。情報処理はコンピュータを使い,その設計や開発は頭で考えて書類を作成する作業です。つまり産業廃棄物を出すこともない(紙程度)仕事で,環境マネジメントシステムを規定したISO14001は,直接関係はないと思われます。しかし,シスアドは建設や製造などの業種に関係なく,ユーザの立場で情報化を推進する人材です。ISO14001についてこれくらいは知っておいてほしい,という意図で出題されたのでしょう。
 
午後の問題
 
問1は平成11年度秋期午後問3の類題
問1はバックアップ計画と復旧方法で,RAIDの知識が問われる点を含めて,平成11年度秋期午後問3の類題であるといえます。
 
問4は平成13年度秋期午後問5の類題
問4はデータの移行作業をテーマに,PERT図を中心にした内容です。これはテーマも内容も含めて,平成13年度秋期午後問5の類題であるといえます。
 
Copyright (C) 2003 kimura-kouichi